ハイコーキ18Vコードレス草刈機の口コミ!購入前に知っておきたいユーザー評価

当ページのリンクには広告が含まれています。

雑草管理は、美しい庭を維持するために必要不可欠な作業ですが、時間と労力を大量に消費する作業でもあります。特に大きな庭を所有している場合や、頻繁に雑草が生える場所である場合、この作業は大仕事となります。

しかし最近では効率的な草刈機の登場で、雑草管理がずいぶんと楽になってきました。バッテリータイプの充電式草刈機の登場で初めての人でも操作がしやすく、機械購入のハードルが下がったような気もします。

人気が高まってきているコードレス草刈機ですが、今回はその中でも人気の高い「ハイコーキ」の草刈機をクローズアップし、特徴や口コミなどを紹介します。

\バッテリーと充電器のセット品/

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonでみる
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場でみる
目次

コードレス草刈機のメリット

コードレス草刈機の最大の利点は、その自由度にあります。コードがないため、庭のどこにでも移動させることができ、必要な場所ですぐに対応することができます。コードレスなので電源の場所を気にする必要がなく、作業範囲が大幅に拡大します。

コードレス草刈機の多くはリチウムイオンバッテリーを使用しています。家庭用電源で気軽に充電することができ、充電時間も短いことも特徴です。

このようなメリットにより、コードレス草刈機は雑草管理の新しい方法として、ますます多くの人々に認知され、利用されています。

Advertisements

ハイコーキのコードレス草刈機

画像引用:ハイコーキ

国内草刈機メーカーの中でも人気の高いブランドの一つが「ハイコーキ(HiKOKI)」です。

ハイコーキは日本の大手電動工具メーカーである工機ホールディングスのブランドで、以前は「日立工機」として知られていました。

ハイコーキは高性能な電動工具を国際市場にも提供しており、その高いパフォーマンスと信頼性により、プロの職人からDIY愛好家まで、幅広いユーザーに支持されています。

コードレス草刈機においても、ハイコーキの技術が詰め込まれており、ユーザーは効率的で快適な作業を実感することができるでしょう。

ハイコーキの草刈機ラインナップ

ハイコーキのコードレス草刈機は複数のモデルが存在します。「どのモデルを選んでよいかわからない」と迷子にならないためにも、ラインナップのポイントを解説します。

使用バッテリー

画像引用:ハイコーキ

ハイコーキのコードレス草刈機は18Vと36V(マルチボルト)の2種類のバッテリーサイズから選択することができます。電圧が高い方がより強いパワーで雑草を刈り取ることが可能です。

刈刃の大きさ

画像引用:ハイコーキ

刈刃の外径サイズは230mmと、255mmの2タイプから選択することができます。刈り取り効率に影響するので面積の広い場所や雑草の密集地では255mmをセレクトするのがよいでしょう。

ハンドルの形状

草刈機のUハンドルとループハンドルの使い分け
草刈機のUハンドルとループハンドルの使い分け

ハンドルの形状も2種類あり、平地で使いやすい「Uハンドル」と、斜面でも対応できる万能型の「ループハンドル」で展開されています。どちらのモデルでも価格は同じです。

分割の有無

画像引用:ハイコーキ

シャフト部を分割できるモデルはパーツを分解することにより持ち運びや収納がしやすくなり便利です。

ラインナップ一覧表

ハイコーキ草刈機のラインナップ

\型式クリックで販売サイトへジャンプ/

モデルハンドル刈刃重量作業時間
18V
CG18DA
U230mm3.6kgエコ:約51分
標準:約42分
パワー:約33分
18V
CG18DA(L)
ループ230mm3.4kgエコ:約51分
標準:約42分
パワー:約33分
36V
CG36DB
U230mm4.1kgエコ:約121分
標準:約76分
パワー:約46分
36V
CG36DB(L)
ループ230mm3.9kgエコ:約121分
標準:約76分
パワー:約46分
36V
CG36DC
U255mm4.7kgエコ:約115分
オート:約50分
パワー:約27分
36V
CG36DC(L)
ループ255mm4.5kgエコ:約115分
オート:約50分
パワー:約27分
36V-シャフト分割
CG36DC(D)
U255mm5.0kgエコ:約115分
オート:約50分
パワー:約27分
2023年ハイコーキ草刈機ラインナップ

ハイコーキ18V草刈機の仕様と特徴

扱いやすい重量とバランスの良さ

画像引用:ハイコーキ

ハイコーキのコードレス草刈機の中でも、軽量でバランスがよく扱いやすいのが18Vモデルです。

刈刃を回転させるためのモーターは機体後方に設置されています。刈刃付近、つまり先端にモーターを設置しているタイプよりも重心バランスがよく、持ち重り感がありません。

画像引用:ハイコーキ

そしてUハンドルタイプが3.6kg、ループ型ハンドルは重量が3.4kgと非常に軽量で、女性や体力のない人でもストレスなく操作することができるでしょう。

草刈機において「軽量」であることは、作業者にとって多くのメリットをもたらします。

草刈機の軽さのメリット

労力の軽減

草刈機の操作や持ち運びが楽になります。特に大きな庭や広いフィールドでの作業では、重量が労力に直結します。軽い草刈機であれば、作業者は疲労を感じることなく、長時間作業を続けることができます。

操作性の向上

軽量な草刈機は、操作性が向上します。機械の動きをスムーズにコントロールすることができ、細かい場所の草刈りや、複雑な形状のエリアでも効率的に作業を行うことができます。

体への負担軽減

重い機械を持ち運び、操作することは、腕や肩、腰などへの負担となります。軽量な草刈機は、これらの体へのストレスを軽減し、長期的な健康問題を防ぐことにも寄与します。

作業効率の向上

体力を余計に消耗することなく作業を進められるため、作業効率が向上します。同じ時間でより多くのエリアをカバーでき、雑草の管理をより効率的に行うことができます。

ボタンで簡単操作

画像引用:ハイコーキ

ハイコーキのコードレス草刈機はボタンひとつで運転をスタートさせることができます。

エンジン式草刈機の場合は燃料を補充してプライマリーポンプやチョークレバーを操作し、リコイルスターターと呼ばれるロープを何度も引く作業をしなくてはなりません。「なかなかエンジンがかからない」とイライラすることもしばしばです。

その点、ハイコーキのコードレス草刈機ならば、手元のボタンで一発始動。運転中にも雑草の種類や状態によって回転数をボタンで切り替えることができます。

これによりバッテリーの消耗を作業環境にあわせコントロールしながら効率的に作業を行うことが可能となっています。

財布に嬉しい低価格

ハイコーキの18Vコードレス草刈機は買い求めやすい価格が嬉しいポイントです。バッテリーや充電器を含まないモデルであれば、実売価格は1万円台!

バッテリーや充電器がセットになったモデルでも3万円前半で販売されています。性能を考慮するとこの価格は「かなり安い」といえるでしょう。

\最新価格を販売サイトでチェック/

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonでみる
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場でみる

ハイコーキ18V草刈機の口コミと評判

ネット上での口コミを調べると、ハイコーキの18Vコードレス草刈機は評判が良く、Amazonでも5段階評価で4.1という高い評価を得ています。以下にその一部を紹介します。

満足の口コミ|良い評価

充電式の草刈り機はどうせパワーが足りないのではないかと思ってました。親が新しい草刈り機がほしいが今のは難しいから、と言っていたので簡単な充電式を購入。

HiKOKIにしたのは、両手ハンドルタイプはHiKOKIが一番安かったからと単純にHiKOKIは好きだからというところです。マキタの商品も持ってますが、ブランド力がある分高いので。

草刈り機に話を戻して、充電式舐めてました。全然パワーあります。充電が無くなるまで動作させてはいませんが、たぶんエンジン式より長時間刈れそうな感じです。自分の草刈り機ももう少し使ってからこちらに替えようと思ってます。

引用:Amazon

ガソリンタイプの草刈機を使っていましたが、壊れたので、思い切ってこちらの充電式を購入。

準備も充電だけなので簡単!超軽くて超楽ちんです。心配していたパワーも全く問題無し!筋肉痛も無いです。充電が切れるのが少し早いけど、女の私にはその程度で休憩しといた方が身体も負担がないのかな?と。

一気に沢山刈たいなら蓄電池の予備があれば問題無しかと思います。待てるなら30分程度でフル充電出来ます。

組み立ても簡単!メンテも楽だし、女性には絶対これがいいと思います。オススメです!!

引用:Amazon

バッテリー式は力がないかもしれないと心配でしたが、庭や家庭菜園の草刈りには充分使えます。

しかも静かなので早朝から家族に気兼ねなく使用してます。エンジン式に比べ軽量なのも良いです。用途に応じてエンジン式と使い分けしてます。迷いましたが、買って大正解でした。

引用:Amazon

ユーザーの口コミをチェックすると軽量で静かな点が高い評価のポイントとなっています。性能面でも申し分なく「買って正解」という声が多数ありました。

気になる口コミ|悪い評価

中華ものが沢山出ていてかなり迷いました。

バッテリ式の草刈り機としてはモーターが後部にあるためにバランスが良く、これまでのエンジン草刈り機と同じような感覚で使えそうなので、こちらにしました。結果は予想通り、重さもそれほどなくて腰の悪い家内も使えるようです。

ナイロンコードで使っていますが、やはり18Vではパワーが足りない気がします。ギリギリ使える感じですね。それと動作音が予想よりもかなり大きいです。購入検討中の方は、慎重に。

引用:Amazon

一方でパワー不足を感じる人もいました。そもそも、ナイロンコードの運転には大きなトルクを必要とするため、18Vモデルには不向きです。

36V以上の充電式草刈機ならば問題なく使用できますが、バッテリーの消耗も激しいため、チップソーの使用をおすすめします。

マキタ充電式草刈機18Vモデルとの比較

同等クラスのマキタ充電式草刈機「MUR190UDRG」と違いを比較してみましょう。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonでみる
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場でみる

まず大きな違いはモーター性能の違いにあります。マキタの充電式草刈機はブラシレスモーターが採用されています。

整流子やブラシなどの機械的な接触部を取り除いたモーターで、放熱性が高く大電流を流せることが特徴です。これにより高いパワーを出力することができ、草刈機においては効率の良い雑草の刈り取りを実現することができます。

メーカーモデル名1分あたり回転数
ハイコーキCG18DA5,600min-1
マキタMUR190UDRG6,000min-1
無負荷回転数の比較

表を見ればマキタの方が毎分あたりの回転数が多いことがわかりますが、高機能なパーツを採用すると価格は高くなる傾向にあります。

Amazonでの実売価格はマキタの「MUR190UDRG」が4万円以上するのに対して、「CG18DA」はタイムセールで3万円を切る価格になることも。性能面ではマキタに劣るものの、コストパフォーマンスという意味ではハイコーキに軍配があがります。

とはいえ、どちらも工具業界のトップメーカーであり、商品の品質は世界に誇れるものであります。商品の優劣という観点ではなく「自分にあった商品はどちらか」という視点で購入を検討すべきです。

買って正解!ユーザー購入の決め手は?

ハイコーキ18Vコードレス草刈機の購入の決め手は、以下の要素が挙げられます。

軽量性

ハイコーキのコードレス草刈機は非常に軽量であり、長時間の作業でも疲れにくいです。またこの軽さが操作性を向上させ、細かな場所や複雑な形状のエリアでも効率的に作業を行うことが可能にします​。

パワフルなパフォーマンス

雑草に負けないパワフルなパフォーマンスを発揮します。3段階の回転数切替えが可能で、作業に応じて最適なパワーを選択できます​。

コードレスの自由度

電源コードに縛られることなく、さまざまな場所で使用することが可能です。これにより、広いエリアや電源がない場所でも作業が可能になります。

信頼性

ハイコーキは高品質なパワーツールの製造において長年の経験と実績を持っています。また全国に営業拠点があり、取扱店舗も多数存在します。万が一の修理やアフターサービスにも安心できます。

商品レビュー

実際の使用者からの口コミを見ても高い評価が多く、ハードな使用条件でなければ問題なく使用することができるでしょう。

これらの要素を考慮すると、ハイコーキ18Vコードレス草刈機は、庭や敷地内の草刈り作業に最適な選択肢と言えます。ぜひ購入を検討してみてください。

\万能型のループハンドルがおすすめ/

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonでみる
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場でみる

\36Vモデルもチェック/

Advertisements
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次